大人のスキンケア教室 いつまでも若々しくみずみずしい肌でいたい・・・そんな大人のための今すぐ実践できるスキンケア&メイク方法をご紹介! 大人のスキンケア教室 いつまでも若々しくみずみずしい肌でいたい・・・そんな大人のための今すぐ実践できるスキンケア&メイク方法をご紹介!

みなさま、突然ですが、本当の美白の意味をご存知ですか?

実は美白とは、本来「予防」を意味しているのです。つまり、生まれ持った肌を白くしたり、シミを消したりするものではなく、「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」ということです。

そういった本来の意味での美白、いわば色素沈着やくすみのない明るい肌を目指すためには、国からお墨付きをもらった有効成分配合の美白化粧品を選ぶのがポイント。今回は、正しく美白を行うために必要な美白化粧品の選び方をご紹介します。

美白とは?肌を白くすることではない?!

美白ときくと、あたかも肌を漂白するようなケアだと思っている方がほとんどではないでしょうか?しかし先ほどもお伝えしたように、本来、美白とは、日焼けによるシミやソバカスを予防することなのです。

美白化粧品とは?

「美白したい!」と思ったら、みなさまはまず何をしますか?おそらく多くの方が、美白化粧品を買いに行こうとするのではないでしょうか。この時に注意してほしいのは、美白と謳える商品には条件があるということ。何でもかんでも美白と謳えるわけではないのですね。そこでまずは、その条件についてご紹介します。

美白化粧品といえるものは?

美白と謳うには、「厚生労働省によって認められた美白有効成分が配合されている」ことが必須条件です。厚生労働省が認可した有効成分が一定の濃度含まれている化粧品は医薬部外品と呼ばれ、また、薬用という表現も医薬部外品にのみ認められています。そのため、美白化粧品を選ぶときは「医薬部外品/薬用」と表示があるものを選ぶのがおすすめです。

厚生労働省に認められている美白成分一覧

現在、厚生労働省に認められている代表的な美白成分の一例をご紹介するので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

  • メラニン生成を抑制
    ビタミンC誘導体※1・アルブチン・プラセンタエキス※2・コウジ酸・ルシノール※3・カモミラET・エナジーシグナルAMP※4・リノール酸S・トラネキサム酸・4MSK※5・エラグ酸
  • メラニン排泄を促進
    リノール酸S・4MSK※5
  • メラニンを還元
    ビタミンC誘導体※1

美白化粧品を選ぶときのポイント

美白化粧品に配合されている有効成分は、それぞれ得意分野が違います。例えば、できてしまったメラニンを無色化させる「メラニン還元作用」のあるものや、シミを予防するための「メラニンの生成阻害作用」があるものなど。これらの中から、自分の肌タイプや悩みに合ったものを選択して使うことで、本来の意味での美白に近づくことができるというわけです。

たっぷり紫外線を浴びてしまった日にはこれ!

たっぷり紫外線を浴びると、表皮の基底層にあるメラノサイトから、メラニンが大量に生成されます。過剰に生成されたメラニンはシミの原因になるので、「今日はいつも以上に紫外線を浴びてしまったな」という日には、メラニン生成を抑制する美白成分を含んだ化粧品を使うのがポイント。具体的には「ビタミンC誘導体※1・アルブチン・プラセンタエキス※2・コウジ酸・ルシノール※3・カモミラET・エナジーシグナルAMP※4・リノール酸S・トラネキサム酸・4MSK※5・エラグ酸」が配合された化粧品を選んでくださいね。

できてしまったメラニンを無色化させるにはこれ!

どんなに気をつけていても、うっかり日焼けしてしまう日もありますよね。そんなときには、メラニン還元作用のある美白成分が配合された美白化粧品がおすすめ。

そこで、みなさまも耳にしたことのある「ビタミンC誘導体※1」の出番です。ビタミンC誘導体※1は、出来てしまったメラニンにアプローチするメラニン還元作用があるだけでなく、メラニン生成自体もブロックしてくれるので、まさに美白にはピッタリの成分なのです。ただし効果が高い分、合う、合わないには個人差があり、その日のお肌の状態によっては刺激が強いこともあるので、肌の調子がよい時に使うようにするなど工夫しながら使いましょう。

美白肌が欲しいなら最も気をつけたいことはこれ!

美白とは本来「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐこと」だとお伝えしました。そのためには、目的に合わせた有効成分が配合された美白化粧品を使うのはもちろんのこと、何よりも続けることが大切なのです。ある程度の期間使い続けてこそ「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」ことができて、澄んだ美白肌を手に入れられるのです。そのため夏の間だけでなく、一年を通して、美白ケアを継続することをおすすめします。

中からも美白成分を!

化粧品だけでなく食べ物によるケアもすることで、より明るい肌を手にすることができますよ。以下に、おすすめの栄養素をご紹介します。

ビタミンC

美白有効成分の一つであるビタミンCは外から塗るのもよいですが、食べても効果があります。ビタミンCが多く含まれている食材としては、柑橘系やイチゴ、キウイなどの果物、ブロッコリーや菜の花などの野菜が挙げられます。

ビタミンE

ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、活性酸素を除去してメラニンが作られる過程をブロックしてくれるので、シミ予防にぴったりの栄養素です。また、ビタミンCとの相乗効果があるので、ぜひ一緒に摂ってください。ビタミンEが多く含まれている食品は、うなぎ、アーモンド、アボカドなどです。

美白化粧品の選び方

誰もが憧れる透明感のある美白肌。美白化粧品を使ったところで、生まれ持った肌より白くすることはできないのですが、シミやソバカスを防ぐことはできるので、結果的に明るい肌になります。美白化粧品の選び方のポイントは、

  • 医薬部外品/薬用化粧品かどうか
  • できてしまったメラニンを薄くしたいのか、メラニンの生成を予防したいのか

これらをしっかりチェックすることで、より自分に合った美白化粧品を選ぶことができます。正しい選び方をして、夏の日差しに負けない透明美白肌を手に入れましょう。

  • ※1 L-アスコルビン酸 2-グルコシド
  • ※2 プラセンタエキス-1
  • ※3 4-n-ブチルレゾルシン
  • ※4 アデノシン一リン酸二ナトリウム OT
  • ※5 4-メトキシサリチル酸カリウム塩

(ライター:濱田 文恵)