大人のスキンケア教室 いつまでも若々しくみずみずしい肌でいたい・・・そんな大人のための今すぐ実践できるスキンケア&メイク方法をご紹介! 大人のスキンケア教室 いつまでも若々しくみずみずしい肌でいたい・・・そんな大人のための今すぐ実践できるスキンケア&メイク方法をご紹介!
今すぐキュッと毛穴を引き締め!ツルスベ肌になる方法 お手入れ編

メイクをしてもしばらくしたら目立ってくる毛穴…女性にとっての宿敵です。そんな毛穴を目立たなくするには、どんなケアや習慣を身につければよいのでしょうか?

ここでは正しい毛穴ケアの方法をご紹介していきます。

開いた毛穴を引き締める!効果的なステップ

私たちの肌は外部の刺激や乾燥から守るために、毛穴から皮脂を分泌しています。
しかし思春期以外でも、スキンケア方法や普段の食生活などにより、皮脂の過剰分泌を招いてしまうことも。その結果、皮脂の出口である毛穴が丸く開いてしまい、毛穴が目立ってしまうのです。

そうならないためにも、開いた毛穴を引き締める効果的なステップをご紹介します。

まずは毛穴をしっかり開く

まずは毛穴をしっかり開く

開いた毛穴が嫌だからといって、いきなり毛穴を引き締めようとするのは大きな間違いです。まずは、毛穴開きの原因となる過剰な皮脂や、空気中のほこりなどによる毛穴汚れをきちんと取りましょう。

おすすめは蒸気の出る「スチーマー」です。肌を温めながら、蒸気による水分が過剰な皮脂汚れを浮かしてくれます。スチーマーがないという方は、ホットタオルを顔に当てるのでも充分です。しかし、冷やす、温めるといった温度変化を繰り返しすぎてしまうと、赤ら顔の原因にもなるので注意しましょう。

洗顔で毛穴を清潔にする

洗顔で毛穴を清潔にする

毛穴開きの原因となる皮脂は、私たちの肌を守るために毎日分泌されています。正常に分泌されていればいいのですが、バランスが崩れて必要以上に分泌されれば、毛穴を開かせてしまうことになるのです。そこで、スキンケアの最も基本となる「洗顔」をきちんと行いましょう。

まず、きちんとネットで泡立ててたっぷりと泡を作ります。その泡を、顔の皮脂分泌の多い部分を中心に優しくのせて、手のひらでくるくると皮脂を浮かせるようにして洗いましょう。

  • ※1 年齢に応じたお手入れのこと
  • ※2 保湿成分、エモリエント成分、洗浄整肌成分

肌全体をまんべんなく冷やす

肌全体をまんべんなく冷やす

過剰な皮脂や汚れを取るためにあえて一度毛穴を温めて開き、正しい洗顔で毛穴に詰まっていた汚れを取り除いたら、いよいよ開いてしまった毛穴を引き締めるためのケアをしていきます。

一般的には氷や保冷剤を使って冷やす方法が挙げられますが、これは部分的に肌を冷やすことになり、人によっては肌上の温度差で、かえって赤みが目立ってしまう恐れもあります。これを防ぐために、できるだけ冷たい水で顔をすすぐようにします。このとき、手のひらを使って顔全体を覆うようにし、20~30回すすぎましょう。

収れん化粧水を使う

収れん化粧水を使う

開いてしまった毛穴を引き締めるのに最もおすすめなのは、「収れん化粧水」を使うことです。普通の化粧水との違いは、毛穴を引き締めるための「収れん成分」が入っているので、肌に馴染んだあと収縮作用により肌を引き締めることができることです。

収れん成分にも多くの種類がありますが、その中でも代表的なものは「イタドリ根エキス」、「オウバクエキス」、「セイヨウハッカエキス」などが挙げられます。これらの収れん成分は単体で配合されているわけではなく、アルコールや水などと一緒に配合されています。肌の敏感な人は先にパッチテストなどで試してから使用するとよいでしょう。

パックや保湿クリームで水分を閉じ込める

肌は乾燥をすると、その乾燥を補うために一生懸命皮脂の分泌をはじめます。
つまり、ここまでしっかり毛穴の引き締めケアを頑張ったとしても、肌自体が乾燥をしていては、毛穴はまた開いてしまうというわけです。そこでおすすめなのがコットンを使ったパックやパッティングです。いつも使っている化粧水をコットンにたっぷりと浸し、肌に十分な潤いを与えてケアをしたら、そのまま化粧水を少し足してパッティングをしましょう。

パッティングによる刺激で、毛穴の引き締めが期待できます。最後はきちんと油分のある保湿クリームで毛穴にフタをしてあげましょう。

  • ※1 年齢に応じたお手入れのこと
  • ※2 メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ
  • *いずれも収れん化粧水ではありません

炭酸で毛穴を引き締める

炭酸で毛穴を引き締める

いつものスキンケアにプラスして、炭酸コスメを使って毛穴の引き締めにアプローチすることもおすすめです。

例えば、炭酸コスメでマッサージすることで、血行促進に繋がります。血液は肌の隅々まで酸素や栄養を運んでくれるので、肌の代謝があがり、ターンオーバーも整います。その結果、皮脂の詰まりによる毛穴開きの予防も期待できるというわけです。

目指せ、毛穴レスなツルスベ肌!

いかがでしたか。毛穴の開きは化粧でもなかなかカバーできない厄介な肌トラブル。自己流で間違ったケアをしてしまうと余計に目立たせてしまうこともあります。

今日紹介した効果的なステップで、毛穴ケアをしていきましょう。目指せ、毛穴レスなツルスベ肌!

お手入れ編が終わった方はこちら!

今すぐキュッと毛穴を引き締め!ツルスベ肌になる方法 引き締め成分・習慣編
「美白」本当の意味とは?美白有効成分と美白化粧品の正しい選び方

(ライター:濱田 文恵)