あなたはよく眠れていますか?質の良い睡眠をとるコツ あなたはよく眠れていますか?質の良い睡眠をとるコツ

最近、よく眠れていますか?
質の良い睡眠は、健康的な日々を過ごすためにとても大切な役割を担っています。
しかし年齢を重ねると、なかなか満足のいく睡眠がとれなくなるもの。
あなたの生活や習慣を少し見直して、質の良い睡眠を目指しましょう。

目次
要チェック!睡眠の質は「加齢」や「ストレス」も原因に うれしいことがいっぱい!質の良い睡眠のメリット 試してぐっすり!質の良い睡眠をとるためのコツ

1要チェック!睡眠の質は
「加齢」や「ストレス」も原因に

こんなことありませんか?睡眠セルフチェック

1つでもチェックがついた方は、
質の良い睡眠が
とれていないかもしれません。

  • いろいろ考えて眠れない
  • 途中で目が覚めて、なかなか眠れない
  • トイレで夜中に起きる
  • よく夢を見て寝た気がしない
  • 朝すっきり目覚められない
  • 日中眠たくなる

約7割の方が睡眠に悩みがある

キューサイのお客さまに睡眠についてのアンケートを実施したところ、69.5%の方が睡眠に悩みがあると回答されました。
特に「夜中に目覚める」「寝つきが悪い」「ストレスで眠れない」など、睡眠の質についてのお悩みが多く挙げられています。

約7割の方が睡眠に悩みがある

※ キューサイ会報誌「健康手帖」2021年2月号お客さまアンケート調べ(有効回答数583件)

年齢を重ねると睡眠の質が悪化しやすい

年齢を重ねると睡眠時間が短くなるのは、加齢により体内時間が変化していくためです。
下の図のように、だんだんと深い眠りの時間が短くなるため、尿意やちょっとした物音でも何度も目が覚めてしまい、朝すっきり目覚められなくなるのです。

年齢を重ねると睡眠の質が悪化しやすい

引用:厚生労働省|e-ヘルスネット|高齢者の睡眠 一部改変

ストレスも睡眠の質を悪くする

寝床に入ってあれこれ考えて眠れなかったり、すごく疲れているはずなのに眠れなかったりするのは、ストレスが大きな原因かもしれません。
大きなストレスがかかると脳が興奮状態になり、眠れたとしてもすぐに起きてしまったり、質の悪い睡眠になってしまいます。ストレスを上手に取り除くことも大切です。

ストレスも睡眠の質を悪くする

2うれしいことがいっぱい!
質の良い睡眠のメリット

質の良い睡眠は、朝すっきりと目覚めるだけでなく、心身にも多くの良い影響を与えます。

質の良い睡眠
  • 寝つきが良い
  • ぐっすり眠れる
  • 起床時にすっきり目覚める
  • 日中は気持ちよく活動できる
質の良い睡眠
質の悪い睡眠
  • なかなか眠れない
  • 夜中に何度も起きる
  • 起床時に倦怠感を感じる
  • 日中に眠たくなる
質の悪い睡眠

質の良い睡眠をとる6つのメリット

疲れにくい体に

質の良い睡眠を取ると、その日の疲れをリセットできます。疲れを持ち越さないため、疲れにくい体になり毎日がイキイキとしてきます。

疲れにくい体に

免疫力が上がる

かぜを引いた時に、眠ると回復するように、睡眠は体を回復させるのに不可欠。質の良い睡眠で免疫力を上げることができます。

免疫力が上がる

肌を美しく若々しく整える

睡眠中に「成長ホルモン」が分泌されるため、肌のダメージを修復し、美しい肌や若々しさをはぐくんでくれます。

肌を美しく若々しく整える

記憶力がアップする

眠っている間に、その日にあった出来事などを脳が整理し、記憶に定着させます。

記憶力がアップする

作業能率が上がる

睡眠が十分でないと、頭が回らない状態になり、注意力が低下し、作業能率が落ちてしまいます。

作業能率が上がる

心が穏やかに

質の良い睡眠の後、セロトニンという「幸せホルモン」がたくさん分泌され、心を穏やかに保ってくれます。

心が穏やかに

3試してぐっすり!
質の良い睡眠をとるためのコツ

寝る60~90分前に
ぬるめのお湯で全身浴

穏やかな眠りは、深部体温(脳や体の中心の温度)が下がった時に訪れます。就寝60~90分前に入浴をして体温を上げておくと、眠る時には深部体温がちょうど良い具合に下がり、眠りに入りやすくなります。

寝る60~90分前にぬるめのお湯で全身浴

悩みごとを寝室に
持ち込まない

寝床であれこれ考えると頭が冴えてしまいます。寝室に入ったら、気持ちを切り替えて、頭を眠るモードにしてあげましょう。

悩みごとを寝室に持ち込まない

眠くなってから
寝床に入る

眠くないのに寝床に入っていませんか?寝床で眠れないままの状態でいると、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなります。眠くなってから寝床へ行きましょう。

眠くなってから寝床に入る

朝食にたんぱく質を
しっかり食べる

たんぱく質に含まれる成分が、夜になると睡眠ホルモンのメラトニンに変換され、質の良い睡眠をサポートします。

朝食にたんぱく質をしっかり食べる

ハーブやギャバの
力を借りる

ハーブには眠りの深さをサポートする力、アミノ酸の一種であるギャバには、ストレスを和らげる働きがあり、睡眠の質を向上させてくれます。

ハーブやギャバの力を借りる
毎日の睡眠は、心と体のメンテナンスを行い、明日への活力を養う大切な時間です。

毎日の睡眠は、心と体のメンテナンスを行い、明日への活力を養う大切な時間です。
質の良い睡眠をとるためのコツで自分のルーティンをつくり、健やかでハリのある生活を過ごしましょう。