ゲストさま

  • 0 ポイント
  • 0 コイン
お薬のキューサイ医薬堂
  • TOP
  • 100歳までハツラツと歩くには?

100歳までハツラツと歩くには?〜これからも、その先も〜100歳までハツラツと歩くには?〜これからも、その先も〜

〝正しく〟歩くといいことたくさん!〝正しく〟歩くといいことたくさん!

歩けなくなる根本の要因のひとつは、加齢による筋力の衰えです。筋力が弱くなることでまっすぐ立つことができなくなり、ひざへの負担が増え、痛めてしまいます。そこから、ひざを動かさなくなり、ますます筋力が衰え…といった悪循環に。
ポイントは、“正しい姿勢”で歩くこと。疲れにくく、よく歩くようになることで筋力が復活し、膝痛の予防はもちろん、無理なく運動不足の解消にもなり、歩行寿命が伸びるのです。

体にいい理由1 歩くことで、肥満の予防や解消のほか、血流がよくなり代謝が向上し、生活習慣病の予防につながります。 体にいい理由2 筋力がつき、正しい姿勢が維持できれば、普段の生活での転倒防止、また腰痛や膝痛の軽減も期待できます。 体にいい理由3 歩くための筋肉が鍛えられると疲れにくくなり、だからよく歩くようになり…といった好循環が生まれます。 正しく歩いて筋力アップ!
体にいい理由1 歩くことで、肥満の予防や解消のほか、血流がよくなり代謝が向上し、生活習慣病の予防につながります。 体にいい理由2 筋力がつき、正しい姿勢が維持できれば、普段の生活での転倒防止、また腰痛や膝痛の軽減も期待できます。 体にいい理由3 歩くための筋肉が鍛えられると疲れにくくなり、だからよく歩くようになり…といった好循環が生まれます。 正しく歩いて筋力アップ!

よく歩く人は長生きなんです!よく歩く人は長生きなんです!

ホノルルで高齢者を対象に12年経過観察し、1日の歩行距離と死亡率の関係を調べた結果、1日3.3km以上歩くグループの方が、1日1.6km以下しか歩かないグループに比べ、死亡率が半分以下であることがわかりました。がんなどにかかる割合も前者の方が少ないと報告されています。出典:Honolulu Heart Programより

どんな歩きがいいの?どんな歩きがいいの?

ポイント1 歩く姿勢 ポイント2 ひざへの負担 ポイント3 靴選び  顔は自然に正面 背筋を伸ばす 腕は自然に振る 腰が揺れずに安定している ひざが伸びている 歩幅が広すぎない かかとから着地 ポイント1 歩く姿勢 ポイント2 ひざへの負担 ポイント3 靴選び  顔は自然に正面 背筋を伸ばす 腕は自然に振る 腰が揺れずに安定している ひざが伸びている 歩幅が広すぎない かかとから着地

ポイント1 歩く姿勢が大切ポイント1 歩く姿勢が大切

まず大切なのは、歩く姿勢。正しい姿勢で歩けば疲れにくく、無理なく続けることができます。「歩く」ことに必要な筋肉を意識しましょう。

ポイント2 ひざへの負担を軽くするポイント2 ひざへの負担を軽くする

ひざが痛くなる要因の一つが、筋力の衰えです。歩く姿勢を正すことが筋力の衰えを防ぎ、その結果ひざへの負担軽減に繋がります。

ポイント3 歩行に最適な靴選びポイント3 歩行に最適な靴選び

合わない靴はひざや腰を痛める原因に。長さだけでなく幅にも注目してサイズを選びましょう。

健康クイズ Answer健康クイズ Answer

Q1 若いときに鍛えた筋肉は貯金(筋)(1)できる (2)できないQ1 若いときに鍛えた筋肉は貯金(筋)(1)できる (2)できない

A (2)できないA (2)できない

若いとき、いくら筋トレで鍛えたとしても、その後に筋肉を使っていなければ筋肉はついていません。筋力維持には、毎日コツコツ続けることが大切です。

Q2 座る、立つ、歩くといった日常動作に使うのは (1)遅筋 (2)速筋Q2 座る、立つ、歩くといった日常動作に使うのは (1)遅筋 (2)速筋

A (1)遅筋A (1)遅筋

筋肉を収縮の性質で分けると、大きく「速筋」と「遅筋」の2つになります。鍛えると筋肉隆々になるのが速筋。遅筋は発達しづらい分、疲れにくい筋肉で、日常の動作に使われます。

Q3 足に良くないといわれる靴の特徴は? (1)幅が広すぎる (2)ヒールが高いQ3 足に良くないといわれる靴の特徴は? (1)幅が広すぎる (2)ヒールが高い

A (1)幅が広すぎるA (1)幅が広すぎる

靴幅が広すぎると中で足が動いて指が当たり、外反母趾になる可能性が高まります。ヒールに関しては、ある程度高さがあるほうが、姿勢の矯正に効果があります。

キューサイからのご提案キューサイからのご提案

加齢と共に大切になる筋肉をケア!運動との併用で、筋力の維持や低下抑制に役立ちます 小林HMB(エイチエムビー)カルシウムタブレット 機能性表示食品 加齢と共に大切になる筋肉をケア!運動との併用で、筋力の維持や低下抑制に役立ちます 小林HMB(エイチエムビー)カルシウムタブレット 機能性表示食品 詳しくはこちら詳しくはこちら
歩く・立つ・座る・伸ばす…ひざ関節の曲げ伸ばしを助けます!ひざサポートコラーゲン 機能性表示食品 歩く・立つ・座る・伸ばす…ひざ関節の曲げ伸ばしを助けます!ひざサポートコラーゲン 機能性表示食品 詳しくはこちら詳しくはこちら
テーピング理論でひざをしっかりサポート!ひざのぐらつきを抑え、どんどん歩く。ひざヘルパー テーピング理論でひざをしっかりサポート!ひざのぐらつきを抑え、どんどん歩く。ひざヘルパー 詳しくはこちら詳しくはこちら