健康長寿を叶える4原則 Vol.1 食事編

健康長寿を叶える4原則

健康長寿とは、
心身ともに自立した生活を長く送れること。
そのために大切なのが生活習慣の質を高めることです。
中でも特に気をつけたい4つの原則があります。

休息

質の良い睡眠と上手な休息を

体は活動と休息を繰り返すことで、健康を保っています。特に質の良い睡眠により、病気や怪我の治癒、免疫力の活性化など、様々なメンテナンスが行われています。また、消化器官は疲れが溜まりやすい部分。時には休息させることも心掛けましょう。

休息
運動

まずは毎日歩くことから始めてみましょう

歩くことはとても手軽にできるトレーニング。筋肉を増やしたり、気分転換になったり、最近の研究では、認知症予防や記憶力が鍛えられることが分かっています。その他に体操やスポーツも効果的。体を動かす楽しみを見つけましょう。

運動
メンタルヘルス

病は気から。
心の持ちようが健康への第一歩

心の健康と体の健康は密接に関わっています。毎日を充実させ、人生を楽しむためにも、心の健康を保つ意識が必要です。笑顔を意識的に増やしたり、楽しみを見つけて、一度きりの人生を謳歌しましょう。

メンタルヘルス
食事

質の良い食事で
栄養を上手に摂りましょう

人間は食べたもので体がつくられます。脳も肌も内臓も、食べたものが材料になり、影響を与えています。質の良い食事をし、必要な栄養素を上手に摂取することが健康長寿の礎になります。

食事
Vol1食事編

健康長寿を邪魔する老化現象を「ポリフェノール」で防ぎましょう

野菜や果物に多く含まれる「ポリフェノール」。健康に欠かせない栄養素であり、近年では老化を防ぐと注目されています。

老化の原因となる
「サビつき」をご存知ですか?

老化とは、体の部位や器官が上手に働かなくなり、不調を感じたり、病にかかりやすくなる状態。老化を引き起こす大きな原因が体の「サビつき=酸化」で、鉄がサビるような現象が体内で起こっているのです。そのサビつきをブロックしてくれる一つが「ポリフェノール」です。

活性酸素が細胞に結びつき、細胞が酸化。老化が進みます。
活性酸素が細胞に結びつき、細胞が酸化。
老化が進みます。

「ポリフェノール」は緑黄色野菜にも
たっぷり含まれます

ポリフェノールは植物が紫外線から身を守るために、自ら作り出す成分。苦味や渋味の元です。緑黄色野菜に多く含まれ、サビつきを強力に防ぎ、健康長寿を脅かす老化現象から守ってくれます。

ポリフェノールが酸化を防ぎ、細胞を健やかに守ります。
ポリフェノールが酸化を防ぎ、
細胞を健やかに守ります。

「ポリフェノール」の
上手な摂り方

ポイント1こまめに摂りましょう

「ポリフェノール」は摂取後、約2時間で抗酸化力が高まり、約4時間ほどで消えてしまいます。そのため、三食の間におやつや飲み物で、こまめに摂取しましょう。

ポリフェノール

ポイント2熱に強く、水に溶けやすい
特性を利用して摂りましょう

熱に強く、水に溶けやすい性質を持つ「ポリフェノール」。熱を加えた料理でも摂取できます。また、水に溶けやすいため、スープや煮込み料理として楽しむのもおすすめです。

スープや煮込み料理
「ポリフェノール」を上手に摂取して老化を防ぎ健康長寿を叶えましょう